前へ
次へ

転職で営業求人を目指す際の志望動機

新卒や転職でも営業求人の件数は大変多く、その中で選考を勇気を持ち勝ち抜くためには、なぜ営業職を希望したのか、志望動機を事前に練り上げておかなければなりません。
エントリーシートや履歴書だけが志望動機を書き込む場所ではなく、実際に営業求人の面接時にも必ず面接官から問われるためです。
希望の転職を成功させるためにも、回答はしっかりとできねばなりませんし、それが合否を確実に分ける要素になります。
商品を多くの人にアピールして売りたいのが、営業職を目指した動機と答える人は少なくはありません。
物を販売する仕事を志望動機にするのはあり来たりではありますが、実はそれではあまりインパクトはないです。
他の人も同じような回答をすることが考えられるので、ほかの希望者の中に埋もれてしまうかもしれません。
企業に対しての志望した気持ちの高さを伝える必要がありますし、ほかの転職希望者との差別化を考えた、本気で営業職をやりたい理由を伝えることです。

Page Top